毎日頑張ってるパパへ  メンソーレ沖縄!

旅先は沖縄で決定。沖縄の魅力を教えて!
パパとしてどんな心構えが必要??
そもそも「メンソーレ」ってなんですかね?

「メンソーレ」とは、沖縄の方言で「ようこそ」を意味します。コバルトブルーの海と亜熱帯気候のここ沖縄は国内旅行の旅先として常に上位にランキングされています。東京から1,600km、言葉も文化も本土と違う「癒しの沖縄時間」が流れてると言われています。

めんそーれ沖縄

沖縄家族旅行の意味

やっと取れた大事な休暇を家族旅行に充てる。
その旅行が念願のパパも不本意のパパもいることでしょう。
ただ、どんな気持ちであろうが、旅行者にとって癒しを与える不思議な魅力が沖縄にはあります。

子供にとっても体験したことは、健やかな子供の成長にとってプラスになります。
沖縄で出会った風景や感覚は、日本でありながらどこか異国の情緒を感じさせる貴重な体験となることでしょう。

まず、那覇空港に到着するとすぐ、「めんそーれ沖縄」の看板が見えます。
歓迎してくれる沖縄にどっぷり浸かって、たくさん癒され、沖縄を大好きになってもらいたい!

・青い海、白い砂浜で遊んでもOK
・ヤンバルの自然を満喫してもOK
・那覇でショッピングもOK
・ファミリーで楽しむツアーに参加するもOK
・沖縄料理を食べまくってもOK
・戦跡史跡をめぐってもOK
・離島にいってもOK
・キャンプをしてもOK
・リゾートホテルライフを満喫してもOK
・伝統芸能を体験してもOK
・ダイビングしてもOK
・マリンスポーツにトライもOK
・ホエールウォッチングもOK
・美ら海水族館を存分に楽しんでもOK
・洞窟いってもOK
・ドライブを楽しんでもOK 等々

沖縄を取り巻く環境は、家族を非日常の世界に誘います。
普段の忙しい日常を忘れ、ゆったりとした気持ちでいることが何より沖縄旅行を成功させる秘訣です。

また、沖縄には「いちゃりばちょーでー(一度会ったら皆兄弟)」という言葉があります。

恥ずかしがり屋の沖縄の人も多いですが、旅先で出会う人との優しさに触れられるのも沖縄旅行の醍醐味です。
家族と共にパパも癒され、帰りの機中で、「また沖縄に来よう!」という会話ができたら大成功ですね。
旅行後の本業の仕事に対してもプラスの影響を与えてくれるかも!

さて、つづいて、沖縄旅行での「パパとしての心構え」ですが、
これは次の「いざ沖縄!パパがすべき5つの役目とは?」でじっくりご紹介します。

小学生の子連れ旅行が一番多いそうです。小さい頃に沖縄旅行なんて贅沢ですよね。でも、その価値は無限大!パパもいっしょに思い出をたくさん作りましょう!

2013年1月15日 editor:nakayama

このページのトップへ

(C) 2012 19mens.com. All Rights Reserved.